BLOG

しまっておいた服に茶色いシミが出来たとき、それがとても大切なとき程、お手入れを躊躇してしまいますよね。

今回は、究極の贅沢品ともいえる着物のお手入れ方法を知れば、大切な洋服の場合にも応用できるのではないかと思い、自分でも出来ないか調査をしてみました。

着物の茶色いシミは「黄変(おうへん)」と呼ばれています。
最初は黄ばみとなって現れて、年数が絶つうちに茶色く変化していくという過程なので、そう呼ばれているんですね。

一般的なシミというのは、繊維に汚れが絡みついている状態です。
なので、ベンジン等の溶剤で汚れを浮き上がらせて、あて布に汚れを移す事で、着物をきれいにする事ができます。

ところが黄変の場合、繊維自体が変色しているので「漂白」で変色部分を落とす必要があります。

この漂白方法を調べてみると、着物の場合は結局「プロに任せるしかないという結果に終わってしまいました。

着物専門のクリーニング店さんがシミ抜きの工程を紹介していましたが、当然ながら「漂白性の効果がある溶剤を使う」と書いてあるだけで、溶剤の成分などは企業秘密のようです。

更にシミを落とした後で、使用した溶剤を素早く抜くために、専門の工具を使っていたりと、ちょっと素人には無理そうな技でした・・・。

着物の裏地の場合も特別な技術が必要なようです。

コメントは利用できません。