BLOG

面倒なシミ抜きの手間対策として「超音波清浄機」が注目され始めているようです。

手軽にシミ抜きが出来るだけでなく、特に色柄物や、クリーニングに出すしかなかったデリケートな素材にも神経を使わなくて済むのがポイントです。
今回は注目の3機種について調査して、比較検討してみました。

【No.1】手軽にポイント洗浄ができる「超音波ウォッシャー」

シャープ SHARP 超音波ウォッシャー (通常タイプ USB防水対応) シルバー系 UW-A2-S

シャープ SHARP 超音波ウォッシャーは、スティックタイプの超音波洗浄機です。

1秒間に3万8千回の超音波振動で発生させた、ミクロな泡が弾ける力で汚れを弾き飛ばします。

使い方は、例えば「襟の黄ばみ」なら洗面台に水を溜めた中に襟の部分を浸し、超音波ウォッシャーを軽く当てて、ゆっくりとなぞるだけです。
なぞった所から汚れが落ちていく様子は、けっこう快感でクセになりそうですww

それでも、やっぱり時間が経っているシミは洗剤や浸け置きが必要なので、なるべく時間をおかずに使うほど、汚れを落とすのが楽になります。

超音波ウォッシャーの口コミで「イマイチだった」ポイントは、コードレスなのは嬉しいけど、充電時間が長い割に使用時間が短いという所でした。
あと、携帯用としては少し大きいようです。

「本体が水に浸かりすぎないようにするという」コツがいるようですが、いままでクリーニングに出してシミ抜き料金を払っていたのを節約できたというレビューが印象的でした。

キャンバス生地の靴など、洗うのが面倒なものも、少量の石鹸とお湯で楽に綺麗になるので重宝します。

【No.2】何でも洗える「ソニックソーク」



ソニックソークの特徴は、お洗濯だけではなく色々な物に使える所です。

1秒間に5万回の超音波振動で、汚れを落とします。

手洗い専用のシルクやカシミヤなど、いままでクリーニングに出すしかなかった衣類を自宅で洗う事ができるようになりました。

衣類の他にも、シューズや歯ブラシ、野菜からプラモデルに至るまで、普段あまり洗浄しようと思わなかったり、形状が複雑で手洗いが難しいものまで使えてしまう所が、人気の理由です。

ベビー用品やメガネのような、頻繁に洗浄が必要で面倒なものから、昔なら業者に依頼していたような腕時計や宝石まで洗えるので、幅広いニーズで支持されています。

いちいち物によって「洗浄方法を考える」手間が省けるので、頭の中までスッキリしてしまいそうです。

ソニックソークの口コミを見ていると、コードレスじゃない所がイマイチとか、連続運動時間が15分と限られているなど、まだまだ改良して欲しい部分もありそうです。

これまでの超音波洗浄機は、昔メガネ屋に置いてあった洗浄機くらいのコンパクトな洗浄槽でしか威力を発揮できませんでした。
ソニックソークは、バケツや洗面器などで使えるので、ようやく襟や袖など黄ばみや、食べこぼしのシミなどの手洗いが必要だった「シミ落とし」の手間から開放された感じです。

【No.3】コードレスなのにパワーあり「ソニック・エリーナ」

クマザキエイム Bearmax 「超音波の力でガンコな汚れを一掃」 充電式超音波洗浄器 【ソニック・エリーナ】 UC-1000

ソニック・エリーナは1秒間に5万回の超音波洗浄器で、充電式です。

2時間半の充電で最長1時間使用可能ですが、3分間で自動的にオフになるので、あくまでも『連続稼働時間』ではありません。

超音波の振動数も高いしコードレス、なおかつ稼働時間も長いのですが、どうもレビューの評判はイマイチです。
作りが粗いのか、上手く動作しないというレビューが多く、高評価を付けている人は「自分なりに工夫したらちゃんと動いたよ?」という感じで、正常に動作さえしてくれれば使い勝手の良い製品だという事のようです。

「超音波清浄機」選びの判断基準は?

洗濯に使える「超音波清浄機」はまだ開発途上のようで、それほど商品の選択肢はありません。

「超音波清浄機」と検索すると、結果はメガネ用の洗浄器ばかり出てきます。

この少ない選択肢の中で選ぶときのポイントとして
「自分がどういう場面で使いたいのか?」
という事を意識して選ぶのが良いと思います。

「売れているから」とか「レビューの評価が高いから」
という基準だけで判断してしまうと、
意外と使い勝手が悪いかもしれません。

コメントは利用できません。