BLOG

着物は水で洗えないという事もあって、気をつけていても、どうしても裏地は汚れてきてしまいます。

さすがに表地の方はプロにお任せするとしても、裏地くらいなら自分で処理できるのではないかと思い、裏地のシミだけ取る方法を探してみました。

ところが裏地とて、黄変したシミを取る事は難しいという事が分かりました。

ただ裏地のシミ抜きをプロに依頼する人はあまりいないらしく、
裏地の場合「胴裏」と呼ばれる裏地部分のシミが気になる時は、
取り替えをするのが一般的のようです。

どうしても裏地を取り替えたくない場合は「洗い張り」をするしかありません。

ただ洗い張りは、一度ほどいてから縫い直すという とてつもない作業です。

よっぽど思い入れのある着物で、なおかつ裏地のシミがどうしても嫌だというケースに限られてきそうです。

わざわざ裏地のシミを取るために裏地を新調したり、洗い張りをしたりするのは
よほど普段から着物に慣れ親しんだ人たちの習慣という感じです。

そうでもない人は そのまま着続けるか、着物そのものを新調した方が良いのではないでしょうか?

黄色いシミ茶色いシミの取り方も調べてみました。

コメントは利用できません。