BLOG

ちゃんと洗濯して衣装ケースに入れておいても、新品のバスタオルなどでも、久しぶりに出して見てみると、いつの間にか茶色いシミが付いてしまっている事があります。

ずっと押入れにしまっておいただけで、どうしてこんな茶色いシミが付いてしまうのでしょうか?

これがお気に入りの服だったり、ブランドのタオルだったりしたら本当にガッカリしてしまいますよね。
不思議で、残念で、なんだか諦めきれない気分だと思います。

果たして、これを落とす方法ってあるんでしょうか?

この記事では、茶色いシミの原因と、自分で落とせる方法をシェアしたいと思います。

茶色いシミが付いてしまう原因とは?

ちゃんと洗濯した洋服や、新品のタオルにシミが付いてしまうのって、ちょっと不思議ですよね。

茶色いシミの原因を探ってみると・・・その正体は、なんとカビでした。

しまう時には綺麗でも、押入れなどで収納していると、湿気でだんだん目に見えないカビが発生していきます。
カビが生えていなくても、押入れなどが何となくカビ臭い事があるのはそのせいかもしれませんね。

そして、その目に見えないカビが酸化した状態が茶色いシミだったんです。

物によって違う「しみ抜き」の方法

シミ抜きをする前に気を付けたいのは「洗濯表示」のチェックです。

衣類が耐え得る方法を守らないと、生地が傷んだり柄が落ちてしまうなど、取り返しのつかない事になってしまいます。
そこで表示別「しみ抜き」の方法を、それぞれ紹介したいと思います。

綿100%などの白物は【塩素系漂白剤】


このマークの付いた白無地の木綿、麻、ポリエステル、アクリルは、最強の漂白剤である「塩素系漂白剤」を使う事ができます。


ただ、じつは白物にも生成り(きなり)という漂白や染色などをしていない天然素材の色を生かしたものなど、塩素系漂白剤が使えないケースもあります。

裏の折り目などで、テストしてから使ってくださいね。

「塩素系漂白剤」を使ったシミ抜きの方法は、こちらの記事に書きました。

毛・絹以外の色柄ものは【酸素系漂白剤】


このマークの付いた色柄物は「酸素系漂白剤」を使います。


「酸素系漂白剤」は、塩素系漂白剤が使えない色柄物や素材に使えます。

ただ、金属染料が使われている生地は色落ちするので、事前にテストをしてから使う必要があります。

「酸素系漂白剤」でシミ抜きする方法は、こちらに書きました。

絹(シルク)や毛(ウール)は【中性洗剤】


このマークの付いた、絹(シルク)や毛(ウール)など動物性の繊維は「中性洗剤」を使います。


ただウールだけは、染み抜きをした後の「丸洗い」がなかなか面倒です。

手洗いのチカラ加減、脱水機を使わない水切り、形崩れしないための平干しなど、けっこう気合がいると思います。

絹(シルク)や毛(ウール)をシミ抜きする方法は、こちらに書いています。

そして↓このマークが付いているものは、水洗いができません。

信頼できるクリーニング店に出した方が、安心です。

シミ抜きが面倒な人には「奥の手」も・・・

浸け置きしたりするのが面倒な人には「シミ抜き剤」を購入するという方法もあります。

そして今回のような茶色いシミには「時間が経過したシミに特化した」シミ抜きがおすすめです。

使い方はカンタンです。

落としたいシミの部分に、シミ抜き剤を少量塗って放置します。
そして8時間くらい日陰干ししたら、濡れタオルで汚れを軽くトントンして吸い取ります。

茶色いシミを予防する方法

たいがいの茶色いシミは頑張れば何とかなりますが、できれば二度とこんな思いはしたく無いものですよね。

衣類を湿気から守るには、衣装ケースの中に除湿剤を入れたりすると思います。
でも これって取替期間が短くて、ひどい時になると1ヶ月でもうゼリー状になってしまうんですよね。

取り替えるのを忘れてしまったり、永久に買い続ける事と思うと何だかブルーになってしまいます。

今までは そういうものだと思って諦めていたんですが、調べてみたら手軽な方法があったので、こちらの記事に書きました。

押入れの湿気対策については、こちらの記事にまとめています。

それでも押入れの中がキツキツになってきたらクリーニング屋さんに保管してもらうとかふとんを保管してもらって、押入れをスッキリさせる方法も、いよいよ考えようかと思います。




コメントは利用できません。