BLOG

ちゃんと洗濯して衣装ケースに入れておいても、新品のバスタオルなどでも、久しぶりに出して見てみると、いつの間にか茶色いシミが付いてしまっている事があります。

これがお気に入りの服だったり、ブランドのタオルだったりしたら本当にガッカリしてしまいますよね。
不思議で、残念で、なんだか諦めきれない気分だと思います。

ずっと押入れにしまっておいただけで、どうしてこんな茶色いシミが付いてしまうのでしょうか?
これを落とす方法はあるんでしょうか?

この記事では、茶色いシミの原因と、自分で落とせる方法をシェアしたいと思います。

茶色いシミが付いてしまう原因とは?

ちゃんと洗濯した洋服や、新品のタオルにシミが付いてしまうのって、ちょっと不思議ですよね。

茶色いシミの原因を探ってみると・・・その正体は、なんとカビでした。

しまう時には綺麗でも、押入れなどで収納していると、湿気でだんだん目に見えないカビが発生していきます。
カビが生えていなくても、押入れなどが何となくカビ臭い事があるのはそのせいかもしれませんね。

そして、その目に見えないカビが酸化した状態が茶色いシミだったんです。

押入れや収納ケースの中は、どうしても湿気がこもりがちになってしまいます。
衣類をこの茶色いシミから守るには、除湿剤をこまめに取り替えたり、虫干しをする必要があります。

衣替えなどで定期的に入れ替えする衣類は大丈夫かもしれませんが、しまったままの布類は特に要注意です。

次に、既に付いてしまった茶色いシミを落とす方法を紹介したいと思います。

茶色いシミを落とす方法

シミといえば、塩素系の漂白剤を思い浮かべる人が多いと思います。
時間がたった白い服の黄色い点々のシミなどには有効な方法です。

でも『お気に入りの服に使ったら繊維が傷まないか?』とか、ブランドのタオルの場合は色柄まで落ちてしまわないかが心配ですよね。

漂白剤が無くても落ちる事もあるので、まずは液体洗剤とお湯だけで揉み洗いしてみます。

・ シミの部分に液体洗剤を染み込ませて2,3時間放置する
・ 40℃くらいのお湯に洗剤を入れて泡立たせ、やさしく揉み洗いする
・ お湯ですすぐ

これで落ちなかった場合は酸素系の漂白剤を使います。
大切な服の繊維や色柄を守り、シミだけを落とすには、酸素系の漂白剤がおすすめです。

・ 50℃弱のお湯を用意し、お湯1リットルに大さじ1杯くらいの割合で酸素系漂白剤を混ぜる
・ 酸素系漂白剤を混ぜたお湯にシミの部分を浸け込み、丸一日以上放置してからすすぐ

これでも駄目なら、今度は専用のアイテムが必要になってきます。

茶色いシミの「シミ抜き」にトライ!

酵素系の漂白剤で落ちなかったとしても、諦めるのはまだ早いかもしれません。

洗剤の浸け置き以外にも、シミ専用の「シミ抜き」を購入するという方法があります。

シミ抜きにもいろいろ種類がありますが、この場合はやっぱり時間が経過したシミに特化したシミ抜きがおすすめです。

created by Rinker
¥9,900 (2020/06/02 19:30:37時点 楽天市場調べ-詳細)

このシミ抜きは「ベンジン」ではありませんが、使い方は似ています。

落としたいシミの部分に、シミ抜き剤を少量塗って放置するんです。
そして8時間くらい日陰干ししたら、濡れタオルで汚れを軽くトントンして吸い取ります。

他にも、キャンバス生地のバックなどに使えるシミ抜きを自作する方法や、
特別な機器を使う方法もあります。

その他に神経質になる素材として、スウェードや着物がありますね。

着物の場合、黄色いシミ茶色いシミの取り方、裏地など、それぞれ方法が異なるので注意が必要です。

茶色いシミを予防する方法

茶色いシミは対処次第で落とせる場合もありますが、出来れば二度とこんな思いはしたく無いものですよね。

ところが原因は押入れの湿気によるカビなので、いくら注意して収納したところで、押入れに入れてしまっては来年また同じ事を繰り返しかねません。

となると、この押入れの湿気を何とかしなければなりません。
湿気取りは薬局にも売っていますが、これだとさすがに押入れ規模のスペースには効かないんですよね。

押入れの湿気は思った以上に手強いので、本当に湿気を取ろうと思ったら除湿機が必要になってきます。

除湿機といっても、小さな隙間にセッティングできる押入れ専用の小型除湿機というのがあって、これが結構なパワーを発揮します。

貯水タンクに溜まった水を見て、驚かれるかもしれません。

すのこ などを使って風通しを良くしたり防虫剤を併用すれば、押入れのカビ臭さや衣服の「茶色いシミ」の心配は無くなると思います。

でも、できれば家のクローゼットには、季節のものだけ置いてある状態が理想です。
クリーニング屋さんに保管してもらうというのも賢い知恵だと思います。

コメントは利用できません。