BLOG

洋服の管理って、湿度とか虫食いとか、色々と気を使いますよね。

できれば家のクローゼットには、季節のものだけある状態が理想です。

こんな時は、衣替えのときに宅配クリーニングに出したまま、来年まで預かってくれるサービスが便利です。
シーズンオフの間、快適な環境で保管してもらいつつ、クリーニング店への往復やシミ抜き、補修までお願いできてしまうのは、相当助かります。

今回は、各種宅配クリーニングをわかりやすく比較検討してみたいと思います。

おすすめの3社を「ザックリ」と比較してみる

まずは、おすすめの3社を「15枚パックの価格」と「最大保管期間」で比較してみました。

リコーべ:14,000円、1年
家事の達人:15,000円、9ヶ月
リネット保管:17,600円、8ヶ月

こんな風に、だいたい「15点のクリーニング+保管」の相場をザックリと見た上で
それとは別に、目的やシチュエーションによる比較をしてみたいと思います。

単純に価格だけでは判断できない、各社の特徴をピックアップしました。

冬物などの「かさ張るもの」が多い時は?

保管クリーニングは配送の関係で、一般的にはダウンのようなかさ張るものばかり出してしまうと、追加の送料がかかってしまうものです。

こんな時リコーベなら冬でもその心配がありません。
ここの特徴は「全品ダウンOK」という所で、かさ張るものがあっても送料が追加される事はありません。

クリーニングの品質も「ロイヤルクリーニング」を採用しているので、安心感があります。
ロイヤルクリーニングとは、ハイグレードなクリーニング品質と、シミ抜き、ほつれ・ボタンのゆるみ直し、毛玉取りなどのメンテナンスが付くという内容です。

スーツが多い人はお得!

クリーニング店では、一般的にスーツは上着1点、ズボン1点で2点としてカウントされます。

そんな中家事の達人はスーツを上下で1点として扱う所が特徴です。
ここならクリーニングに出す内容がスーツ中心の時は、1/2の料金で済むという事になりますね♪

シミ抜き、ほつれ・ボタンのゆるみ直し、毛玉取りなどのメンテナンスも付いています。

大切な衣類だから、失敗したくない時

高級ブランドの衣類や、デリケートな素材の服を預ける時は、何といってもクリーニングの技術や、保管への気配りが大切ですよね。

大切な衣類の場合は、品質を保証している店が好ましいと思います。

リネット保管なら「アパレル水準の保管環境」で大切な服を預かってもらえます。

クリーニングの品質にも独自のこだわりがあり
全品柔らか加工や、ドライ系には「リファイン加工」と、仕上がりの状態に いくつかの基準があるようです。

シミ抜き、汗抜き、ワイシャツ抗菌消臭加工、毛取り/毛玉取りなど、基本的なメンテナンスも付いています。

特に大切な衣服の場合は、保証も付けられるようになっています。
『デラックスコース』を選べば「安心保証」を受けられます。
万が一の事故が起きたら、1点あたり最大10万円、1注文あたり最大20万円の限度で、再取得価格の100%が補償されます。


今回比較した各社の共通点は『往復の送料無料』、『仕上がりに満足できなかった場合の再仕上げ無料』という所です。
逆に言うと、宅配クリーニングを選ぶ際には、この2点だけは満たしているのを、事前に確認しておく必要があると思います。

コメントは利用できません。