BLOG

ひとえに押し入れの湿気と言っても、いろいろな原因が考えられます。

押し入れは、そもそも湿気がこもりやすい所ですが、基本的なお手入れをしているのに「ひどい湿気」となると、ちょっと特別な理由があるかもしれません。

住環境が原因のケース

あまりにも ひどい湿気で、押入れにカビが生えてしまうような場合、押入れの湿気の問題の前に、家全体の湿気を疑ってみる必要があります。

例えば結露などの様子はどうでしょうか?
普通に掃除しているのに、やたらとカビが発生するとすれば、それはもう「環境」の問題かもしれません。

家の立地や構造的に風通しが悪かったり、日当たりが悪い、北側の部屋・・・などが考えられます。

湿気を放置していると、目に見えないカビが発生して健康にまで影響してしまいそうです。
ましてや目に見えるようなカビが、やたらと発生するようなら要注意です。

家自体に問題があるケース

一方、家じたいはそうでなくても、なぜか押入れだけ すごい湿気に見舞われてしまうという場合もあります。

たとえば、押入れの内側の薄ベニアにカビが生えてしまうという場合、断熱材が機能していないという可能性も考えられます。

いくら押入れのカビを取っても、またすぐに発生してしまう時などは、外壁側と室内側のベニアの間にカビが発生しているかもしれません。

こういう場合は、リフォームをする事で解決するという方法もあります。

お手軽に対処したい

でも、湿気だけのために リフォームや引っ越しを考えるのって、ちょっとハードルが高いですよね。

できれば、簡易的な除湿対策で乗り切れれば、それに越したことはありません。

家全体の湿気で困っている場合は、パワーのある除湿機を常に稼働させるという方法があると思います。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥19,800 (2020/07/03 23:04:37時点 Amazon調べ-詳細)

それでも、押入れの ひどい湿気が解決するとは限りません。
押し入れは どうしても籠もってしまうので、除湿機のちからも届きません。

押入れには、押入れ専用の除湿機というものがあります。

なんだか押入れの為だけに除湿機を稼働させるのも何ですが、気がついたときだけ回すのでは「時既に遅し」という事もあります。
取れる水の様子を見ながら、水が出ている限り稼働させる必要があると思います。

また押入れは、あまり詰め込みすぎると、衣類が湿気を吸い込んだまま放出できなくなってしまいます。

本当は余裕を持って8割程度にとどめて、風の通りを良くしなければなりません。

とはいえ、実際は収納スペースが足りなくて、キツキツになってしまうものですよね。
こんな時は、思い切って季節外れの衣類やふとんは保管クリーニング店で預かってもらうという手もあります。

衣類は安全な環境で守られるし、押入れやクローゼットはスッキリして、湿気に対して神経質になる必要が無くなります。

コメントは利用できません。