BLOG

コーヒーって冷めてくると、苦くて不味くなってしまいますよね。

不味くなると嫌だからといって慌てて飲むのも何だし、おしゃべりに夢中になっていて冷めてしまう事もあると思います。

でもコーヒーは、出来れば ゆっくりと飲みたいものです。

コーヒーはいつでも美味しい状態で飲みたいけど、飲む度に淹れるのは ちょっと面倒ですよね。
かといってコーヒーメーカーで保温しつづけると、こんどは煮詰まって味が落ちてしまうんです。

コーヒーの美味しさを保ちながら、保温もできる方法があれば良いと思いませんか?

数杯分まとめて淹れても美味しいまま飲める方法

コーヒーが冷めないようにするには、丁寧な方法では「コーヒーカップを温める」という方法があります。

ただ、ちょっと面倒ですよね。
おかわりしたい時など、また温めなくてはなりませんし、カップを温めるためのお湯も用意しなければりません。

カップを保温するには、タンブラーとか保温コースターというアイテムがあります。
でも、できれば陶器のカップで飲みたいような気もするし、来客の時などは ちょっとタンブラーでは出せませんよね。

そんな時は、コーヒーを保温機能のあるポットで温めるのが手軽です。
数杯ストックしておけば おかわりも出来ますし、飲みたい分だけ注ぐ事が出来て冷めにくいですよね。

おススメなのは、ステンレスポットにダイレクトにコーヒーが注がれるタイプのコーヒーメーカーです。

淹れ終わったら、卓上に置いておけるので、いちいち立ち上がって取りに行く手間も省けます。
集中して仕事や勉強をする時や、友達とおしゃべりが盛り上がっている時などは手の届く所にポットがあると便利ですよね。

コメントは利用できません。