BLOG

スキャンパン フライパン 26cm Classic 26001200

フッ素樹脂加工なのに丈夫で・長持ちで・取扱いが楽なフライパン【スキャンパン】

マーブルコートやダイヤモンドコートなど色々ありますが、フッ素樹脂加工のフライパンって どうしてもコーティングが剥がれやすく、だんだんこびりつかない効果が無くなってしまいますよね。

【スキャンパン】は、タワシでゴシゴシ洗えるという所が強そうで心惹かれたんですが、やっぱりフッ素樹脂加工だし、本当にそんなに丈夫なのかが心配・・・

そこで、悪い口コミと良い口コミを対比してみました。
すると一見違う事を言っているけど、じつは一致するのでは?と思うようになってきたんです。

北欧デンマーク No.1の調理器具ということで、デザインもGoodな【スキャンパン】

硬いチタンが、劣化しやすいフッ素樹脂をしっかりと保護しているから丈夫でこびりつかない効果も長持ち。

温度変化に強いから、お手入れが楽チンです。

安全性が疑問視されている「PFOA/PFOS」(フッ素樹脂加工時に使われる物質)を使用していない安全無害のフライパンです。

【スキャンパン】の悪い口コミ

効果が長続きするという【スキャンパン】ですが、1年~数年で焦げ付く・くっつくようになったという口コミもあります。

保証の内容が思っていたのと違った

最初は快調だったけど、1年経つと焦げ付くようになった。
メーカーに問い合わせたところ、通常使用しての焦げつきかどうか現物を見て判断する必要がある・送料はお客様の負担ということだった。

こびりつく

スポンジの固い方ですら洗ったことないのに、2年経ったらこびりつき始めました。

火加減を気にするのは面倒

●中火以下の使用という条件が負担
●焦げ目をつけたいと思うと時間がかかる
●予熱は40秒と言っているが、実際は数分かかる

くっつく

使って3年目で、卵がくっつくようになりました。

【スキャンパン】の良い口コミ

●4年くらい経たっても快調
●綺麗好きなので、お皿の様にキュッキュするまで、ゴシゴシ洗えるのは気持ち良い。
●予熱なしでも、キレイな焼き色のホットケーキが焼けた。
●油の使用量が目に見えて減った。


満足している人は、3~4年使っているけど効果に衰えが無いようです。

でも、1、2年で焦げ付くようになった、という人もいるのでは考えてしまいますね。
なにか決定的な理由でもあるなら別ですが。。。

ひとつ言えるのは、悪い口コミには、ゴシゴシ洗ったという事は書かれていません。
「スポンジの固い方は使っていない」という人もいました。

一方、良い口コミの方は「焦げ付くようになったけど、ゴシゴシ洗ったら元に戻った」という経過が書かれています。

「最初は怖かったけど、保証書を確認して思い切って断行した」という人もいました。

そう、この「本当にタワシなんかでゴシゴシ洗ってもいいの!?」っていうのがイマイチ信じられないんですよね。

デパートでは盛んに実演販売をやっているようですが、実演を見たところで効果の長持ちの証明にはなりませんし・・・。

剥がれたのではなく、汚れた?

ところで、焦げ付くようになった時のお手入れ方法って具体的には どのようにするのでしょうか?

メーカー推奨のメンテナンス方法

・普段は、普通のスポンジと中性洗剤で簡単に汚れが落ちます。
・汚れが溜まってきたかなと思ったら、水と重曹大さじ4をフライパンに入れて10分くらい煮る。
・そのあと硬めのスポンジで汚れを落とす。

この「硬めのスポンジの目安」ですが・・・がんこたわしがオススメだそうです!
かなり強硬に攻めて良いんですね。

3M スコッチブライト がんこたわし 荒目

フライパンも長く使っていると、目に見えないミクロな汚れの層がフッ素樹脂を覆ってしまい、くっついたり、焦げ付いたりするようになるそうです。

スキャンパンの加工は強いので、ガシガシ汚れを洗って効果を蘇らせることができるんです。

でも、どうしてタワシを使えるくらい強いのかという根拠がよくわかりません・・・。

スキャンパンのコーティングが強い理由

まず、そもそもフッ素樹脂加工って どうして剥がれやすいんでしょうか?

それはフッ素樹脂が、けっこう柔らかい素材だという理由にあります。
どれくらい柔らかいのかというと、HBの鉛筆程度の硬さなんだそうです。

さらに、フッ素樹脂でコーティングすると熱伝導率が悪くなるので、相当に薄い膜にしなければならないという問題があります。

スキャンパンのコーティングは、この剥がれやすさ熱伝導率の問題を特殊な加工でカバーしています。

スキャンパンの表面は硬いチタンでできていて、表面に細かい溝があります。
その溝がフッ素樹脂で埋まっているという構造で、外部からの衝撃をチタンの凸部分が守ってくれるんです。

この加工技術はスキャンパンの特許で、他のメーカーでは実現できないそうです。
だからなのか、スキャンパンには安心の保証が付いてるのがポイントです。

本当に信頼しても大丈夫?

さて、ここまで いろいろとレビューの評価について見てきましたが本当に耐久性があるのかについてはどうでしょうか?

わたしが【スキャンパン】を良いなと思ったのは、フライパンとしては珍しい10年保証が付いている所です。
これって、品質に自信がないとできない事だと思います。

いままでは、フライパンは消耗品だと諦めていたところがありましたが、10年間保つ大切な調理器具と消耗品とでは、使う気分も違ってきます。

それに機能面で負けているならともかく、フッ素樹脂コートの効果ががずっと続くのなら断然オシャレで高級感のある方が良さそうです。
毎日使うものですから、実用品だってテンションが上がるものがいいですよね。

ただひとつ注意して欲しい事があります。
10年保証が付くのは正規販売店で購入した人のみです。

アマゾンは正規販売店ですが、出品者がアマゾンでない場合や、並行輸入品は保証が付いていない可能性が高いです。

アマゾンに限らず、スキャンパンを購入するときは正規販売店保証が付いているかを事前に確認してくださいね。

コメントは利用できません。