BLOG

セラミック・コーティングのフライパンが焦げ付いてしまった時、どう対処していますか?
「セラミックは強いから大丈夫」とスポンジの固い方などで。ゴシゴシ洗ってしまう人もいるかもしれませんね。

ところが、いくら固い素材を使っているとはいっても、コーティングはしょせん薄い膜でしかありません。
鉄やステンレスの鍋のように扱ってしまうと、せっかくのコーティングが剥がれたり、剥がれの原因を作る事になります。
そして、しまいにはコーティングの効果が失われてしまうんです。

では、どんなお手入れをしてしまうとコーティングが剥がれやすくなるのでしょうか?

コーティングを劣化させる「お手入れのNG」とは?

コーティング系のフライパンって、取説を読まずに使用する人も結構いるのではないでしょうか?
焦げ付いてしまったとき、ついついやってしまいがちなNGの代表例とは・・・

NG1:フライパンが熱いうちに水に浸ける

焦げ付きが起こってしまったとき、まだフライパンが熱いうちに冷めたい水を入れてはいけません。
ついつい、まだ「汚れがこびりつかないうちに・・・」と慌てて やってしまいがちです。

これが普通の鉄やステンレスのフライパンなら問題ないのですが、セラミック・フライパンの場合はコーティングが剥がれやすくなってしまうんです。

いくら汚れが落ちても、コーティングが剥がれる原因を作ってしまっては問題ですよね。

水は十分にフライパンが冷めてから入れて下さい。
汚れがふやけるまでしばらく放置してから「焦げ落とし」に入ると良いです。

NG2:タワシでゴシゴシこする

焦げ付きがふつうのスポンジでは落とせない時は、ついつい固い面を使ったり、タワシを使ってしまいがちですね。

ところが固いタワシなどで擦ると、目には見えなくてもコーティングに小さなキズが付いてしまうんです。
この見えない細かいキズがコーティングの「剥がれ」のキッカケになります。

そして一度剥がれてしまうと、普通に使っていても剥がれた部分が徐々に広がっていき、最期は効果が無くなってしまうのです。

NG3:『クレンザー』や『塩素系漂白剤』を使う

焦げ付いて黒くなってしまうと、中性洗剤だけでは落とせなくなりますよね。

だからといって洗剤の力で落とそうとすると、これもコーティングの剥がれの原因を作ってしまいます。

焦げ付いた場合でも、クレンザーの使用はNGです。
クレンザーには研磨剤が入っているので汚れも落ちますが、同時にコーティングにも傷を付けてしまいます。

また、ハイターなどの『塩素系漂白剤』はアルカリ性なので、こちらもコーティングにダメージを与えてしまうので注意が必要です。

こんな風に、せっかく汚れを落としても、コーティングがダメになってしまう事で「こびりつきグセ」が付くと、どんどんお手入れしづらいフライパンになってしまいます。

そこで、そうならない為にも今度は「正しい焦げ付きの落とし方」の方法をご紹介したいと思います。
この方法なら、汚れは確実に落としつつ、コーティングは守ってくれて、力まかせにゴシゴシこする必要もありません。

焦げ付きの正しい落とし方

今度は、焦げ付いてしまったときの「正しいお手入れ」の方法をご紹介します。

しばらく水に浸ける

フライパンが焦げ付いたときは、熱が十分に冷めてから水に浸けるのがポイントです。
水に浸けたまましばらく放置して、汚れが柔らかくなってから落とします。

煮込んで汚れを落とす

水に浸けても落ちなかった汚れは「煮込んで」落とします。
このときに重曹を入れるのがポイントです。
水が1リットルに対して、重曹は大さじ2杯くらいが目安です。

フライパンを火にかけて数分間「煮沸」すると、だんだん汚れが浮いてきます。


それでもダメなときは、更にお酢を小さじ1杯くらい入れると効果が増します。

メラミンのスポンジで落とす

最後に残った汚れは十分に濡らしたメラミンのスポンジで落とします。
力を入れて擦るのではなく「磨く」のがポイントです。

色が染み付いてしてしまった時は?

白いセラミック・コーティングの場合、焦げ付き以外にも色が付いて取れなくなってしまう事が結構あります。

変色してもコーティングの性能に影響はありませんが、やっぱり真っ白でピカピカの方が気持ちが良いですよね。

変色には、お酢が効果的です。

フライパンに水を張って、ホワイトビネガーが少量入れて、ひと煮立ちさせます。
その後で、冷ましてから洗います。

どんなに洗っても、また こびりつく!?

セラミック・コーティングのフライパンは、こんな風に取扱いに気をつけていれば、確かに長持ちはします。

ところが、残念ながらセラミック・コーティングの「くっつかない効果」は、なんと約半年程度しか持ちません。
だから、いくら丁寧にお手入れしても、だんだんこびりつくフライパンになっていき、効果が元に戻る事はありません。

というのは、セラミックのフライパンがこびりつかないのはセラミック・コーティングのお陰ではなく「アニオン加工」というものの効果らしいです。

でも「アニオン加工」ってあんまり聞いた事ないですよね・・・。
私も調べてみて初めて知りました。

残念ながらセラミック・コーティングのフライパンは、我が家ではもう「煮物用」になっています。
くっつかない効果では、今のところフッ素樹脂加工にかなうものはなさそうです。

走りながら自動充電できて電池が長持ち

詳しくはこちら

コメントは利用できません。