BLOG

ヒールパンプスでの立ち仕事って、思った以上に辛いものがあると思います。

仕事を始めたばかりの時は、特に足の裏が痛みますよね。
そして、だんだん指などが硬くなって、マメになったりします。

・指の横にタコができて、スレて痛い
・人差し指の付け根のところに、魚の目が出来た
・足指の関節の所にマメやタコができる
・指の表側にタコができる
・かかとがだんだん硬く厚くなってきた

など、人によって痛む場所はそれぞれ違うようですが、仕事を続けて行くには何とかしなければ・・・と思いますよね。

でも、タコなどを削って治すのはおススメしません。
お肌を痛めてしまう可能性がありますし、根本的な解決にはならないからです。

特に魚の目は、芯が深くなるにつれ、自分で取るのは難しくなってきます。
そうなってしまうと、バイ菌が入ってしまう恐れがあるので、皮膚科へ行く必要が出てくるかもしれません。

そこで、削るよりマイルドな応急処置と、慢性化しない方法をご紹介したいと思います。

マメ・タコ・魚の目の痛みを和らげる方法

まずは応急処置として、タコや魚の目が圧迫されたり、スレて痛むのを防ぐアイテムをご紹介します。

クッションの役割を果たす「保護パッド」が入っているバンドエイドです。
このバンドエイドを貼ることで、とりあえず痛みは緩和されると思います。
人によっては、圧迫や摩擦から守るだけでも治まってくるようです。

さらに魚の目などで痛みが気になる人には、もう少し積極的な方法もあります。

固くなった皮膚をやわらかくする「サリチル酸」が入っているので、タコや魚の目が自然に柔らかくなります。

ただ、これらのアイテムは応急処置的なものなので、また再発してしまうかもしれません。
本当は、原因となっている「つま先への負荷」を楽にしてあげる必要があると思います。

マメ・タコ・魚の目ができる原因は?

一日中ヒールパンプスで立ちっぱなしなのだから、マメやタコは足の裏の疲労で仕方がないと思うかもしれませんね。

ただ同じ「疲れる」にしても、マメやタコが出来るという事は、負荷がその場所に集中してしまっていることになります。

足の裏は本来、親指の下の所と、小指の下、カカトの3点で重心のバランスが保てるようになっています。

ところがパンプスを履くと、ヒールの高さのせいで前の2点に負荷が集中してしまいますよね。

このバランスの悪い状態で、さらに立ちっぱなしでいると、つま先の部分が疲れて限界の状態になってきます。
すると皮膚が危険を感じて、固くなる事で筋肉を守ろうとします。

これがマメやタコが出来るメカニズムなんですね。
角質を削っても削っても、事態が改善しないわけです。

だけど、原因が「負荷の集中」だという事がわかれば、対策の方向が見えてくると思います。


デザインで自分らしい人生を手に入れる。未経験のためのデザイナー養成スクール

マメ・タコ・魚の目を防止する方法

マメ・タコ・魚の目が出来るのは、立ち仕事を始めたばかりの人に多いようです。
同じ立ち仕事でも、スニーカーOKの職場からパンプス着用の職場に転職して、出来てしまう人もいます。

中には、マメを作りながらも足裏の筋肉が鍛えられて、痛みを克服してしまう人もいるようです。
そうなれば問題ないのですが、筋肉や腱が衰えて、もっと深刻な痛みになってしまう危険もあるので注意が必要です。

立ち仕事で足を酷使する人に、余計な負荷を与えるパンプスを強制するというのは随分と理不尽な話ですよね。
とはいえ、結局自分の身は自分で守らなければなりません・・・。

そこでおススメなのが、タコやウオノメから保護するというパンプスです。

薄いけど高反発素材のクッションが、地面の衝撃を吸収します。
さらに重心が集中するのを防ぐ構造になっているので、長時間の立ち仕事が楽になります。

ヒールの高低差は3.5cmなので、大概の社内規定なら大丈夫なのではないでしょうか。

いくら角質やタコを削っても、原因を見直さない限り、症状は治まらないと思います。

角質が硬くなってタコや魚の目が出来てしまうのは、足の裏への負担のサインです。
足裏の痛みが進行すると立っている事すら辛くなり、仕事を続けるのが難しくなってきます。

角質が硬くなってきたタイミングで対策しておけば、このさき深刻な状況に発展する心配は無くなると思います。

中四国エリアに強い転職エージェント

詳しくはこちら

コメントは利用できません。